介護 行政書士について

介護と行政書士の関係について

行政書士の中には資格取得後専門業の一つとして、介護分野の手助けをしている先生がいます。
一見するとこれらは何の接点もないように感じられますが、実はkのような業務を行うことが出来るようになります。
介護施設やデイサービスの開業を考えている時に役に立つものであり、これをすべて自分一人の手で行うことが出来ます。
また介護士関連と行政書士の二つの資格を所持することにより、顧客に対してさらに信頼度などをアップさせることが出来ます。
また行政書士の独占業務としてある相続や遺産などは、介護問題には欠かせない問題でもあります。
この問題に強くなることにより、施設に来院した者に対して相談などを行えるというメリットもあります。
このことにより業務の幅がさらに広がりやすくなりますので、自分の実績に関してもさらに上げることが出来るようになります。

Copyright© 介護 行政書士 All Rights Reserved.

介護と行政書士の関係について